イメージ画像

日本障がい者写真協会とは

日本障がい者写真協会の活動は、平成21年5月に障がい者二十歳の写真展実行委員会を以ってスタートしました。

なぜ、障がい者の二十歳の写真展を企画したのか?

障がいのある人は学校を卒業してしまうと写真を撮ってもらう機会が極端に減ってしまいます。

成人式の写真も家庭の事情で撮らないケース、スタジオで断られてしまい、記念の写真を残したくても叶わなかったケース、さまざまな理由から結局は成人式の写真を撮らなかったという家庭は少なくありません。

でも、改めて障がいのある人の「二十歳」を考えるとそれは大きな節目だと思います。その家族だけの20年間のドラマを振り返る大きな節目です。

そんな思いから「障がいのある人の二十歳」をキーワードに写真展を開催しました。

二十歳になった人が家族と共に20年間を振り返る写真展にしたい。

ひとりひとりの苦しみや悲しみ、喜びや楽しみを振り返り、これからの人生のエネルギーなるような写真展にしたい。

それはきっと、いま、障がいのある子どもの子育てをしているお母さん、お父さんにとっても力強いエールになると思っています。

でも、私たちが特定非営利活動法人日本障がい者写真協会として再スタートをしたのは、別の理由がありました。

障がいのある人たちが写真を撮る、その支援もしたいという思いです。

だれでも、趣味と言えるものを身につけることは容易ではありません。障がいのある人が自分を表現できる手段を獲得することには更にハードルがあります。

私たちは写真にはさまざまな可能性があると思っています。障がいのある人が自分を表現する手段としてカメラを使うことに大きな可能性を感じています。

これからは「障がいのある人の生きる姿を写真に残す」という活動、そして「障がいのある人の自己表現を支援する」という活動を軸に私たちは進んで行きたいと思っています。

共に喜び合えるシーンの創造、これが私たちのテーマです。

ヴァレンタインデー

昨日はヴァレンタインデー。 我が家の娘からも手作りチョコをもらいました。

(null) そして、昨日はJPACにとっても大切な日。 京都のイオンモール久御山で「障がい者二十歳の写真展」がスタートしました。 お近くの方は是非お越しください(^^) 19日まで開催してます!

(null)

タグ

2015年2月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ