障がい者二十歳の写真展

障がいのある人にとって「二十歳」とはどんな年齢なのでしょう。

一般的には、二十歳は自立に向かう年齢です。

でも、障がいのある人の場合には「自立」だけが目標ではないように思うのです。

 

障がいのある人の「二十歳」を考える時、それは本人だけではなく、

家族にとっての意味を考えてみる必要があります。

その家族の、20年間のドラマがあるはずです。

 

nittafamily111

 

そんな思いから「障がいのある人の二十歳」をキーワードに写真展を

開催することになりました。

 

今年二十歳になった人は、家族とともに20年間を振り返る写真展に。

すでに二十歳を過ぎている人は、今日までを振り返る写真展にしたい。

 

ひとりひとりの苦しみや悲しみ、喜びや楽しみを振り返り、

これからの人生のエネルギーにしたいと考えています。

 

人はだれでも、だれかに支えられて生きています。

支えられた分だけ、ありがとうの思いは伝えたい。

 

『障がい者二十歳の写真展』は

今日までを振り返り、お互いにありがとうを伝え合うイベントです。

2013年9月7日

このページの先頭へ