車いすマラソン

コーディネーターの関根です。

昨日は、天気の良い日曜日で
レジャーやスポーツに、
どこも賑わったようですね。

そんな中、就学前から仲良しで
今も一緒にサークル活動をしている
お友達何人かが、
板橋シティマラソンに参加したと報告がありました。

1人は長女と同学年のダウン症のお友達。
キッズラン小学4〜6年の部で、2kmのラン。
スタート直後に転んでしまったらしく、
心が折れてしまって、泣き泣き走っていたら、
ゲストランナーの有森裕子さんが
伴走してくれて完走し、
結果的に思い出に残るランになったようです。

もう1人は車いすの中学生のお姉さん。
お母さんが伴走しました。

1036812529998
スタートからやる気満々なのがわかります(^^)

車いすの部は1kmのラン。
参加者は高齢者の方が多いのか、
ほとんどが年上だったとか。

1036160270701
後続を寄せ付けない圧倒的な走り

お母さん曰く、
最後の100mは結構しんどかったらしいですが、
周りの声援もあり、無事に1位でゴール。
車いすの部は表彰はないけれど、
本人、お母さん共に素敵な思い出になったようです。

1035938620568
応援に来た妹達と記念写真。いい笑顔です!

今回のマラソンは、
サークルの立ち上げからお世話になっている
理学療法士の先生(ダウン症の子の伴走を担当)
の発案で参加することになったんですが、
サークルで旅行に行った時にも先生が声をかけて、
ジョギングに行ったり、当日に備えていました。

昨今、空前のマラソンブームに湧いていますが、
障がいがある人たちも参加できる配慮、
そして、周囲の支援がもっと広がると、
みんなの自信につながっていきますよね。

今回の車いすマラソンは
中学生以上が対象なので、
我が家の娘は参加できませんでしたが、
「来年は一緒に出ようよ!」と、
声をかけてもらいましたので、
来年は参加しようかな?
その前に、親が体を作らないと・・・(^_^;)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ