障がい者の家族写真って・・・

コーディネーターの関根です。

昨日は、埼玉県障害者交流センター主催
「こどもたちは、オヤジのチカラを待っている。」
大盛況のうちに幕を閉じました。

さすがに昨日は知らず知らず
疲れていたようで、
いつの間にか眠ってしまいました(^_^;)

さてさて、埼玉県でははじめての本格的な撮影会。
しかも、予約なしの撮影会ということで、
たくさん来たらどうしよう・・・なんて、
スーパーポジティブシンキングで迎えた当日。

結果は・・・程よく急がされない程度に来て頂いて、
スタッフ一同ひと安心といったところでした(笑)

撮影されたみなさんの感想を伺うと、
「やっぱりプロの写真は違う」
と、仕上がりに満足いただけたようで、
さらに、「こんなことでもないと機会がない」
と、おっしゃっている方が多かったですね。

確かに、改まって写真を撮る機会って
あるようでウッカリ忘れてしまったり、
家族の都合が合わなかったりとかありますよね。

さらに、障がいのある方には
いろいろと条件が重なって断念したり・・・
と、今回の撮影会だけでも、
JPACの出発点となった
「障がいのある方とその家族の困り」を
解決するお手伝いができたのかもしれません。

今回のイベントで、
埼玉県障害者交流センターの職員さんとも
お近づきになれましたし、
今後は団体登録をして、
埼玉県での活動の拠点にしていきたいと思っています。

まずは今回撮影したみなさんの写真を
展示することを検討しています。
決まりましたらまた、お知らせしますので、
来てくださいね!

最後に、やっぱりなかなか家族写真を
撮る機会がなかった我が家の写真を
少しだけお見せします(^^)

2人トリミング
仲良し姉妹の満面の笑み(^^)

指差しトリミング
未来を目指して・・・なんて?スーパーアリーナが見えました(^^♪

その他の方で掲載許可を頂いてる方の写真は
後日改めて「コラボ企画」のコーナーに掲載しますので、
こちらもお楽しみにしてください。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ