つながる地域の輪

コーディネーターの関根です。

先日の特別支援学校の餅つきに続き、
今日も餅つきしてきました。

と、言うのも私が懇意にしている酒屋さんで、
お客さんを集めたイベントなどをする
「友の会」を私が勝手連的に作ってまして、
その酒屋さんで行う毎年恒例の餅つき大会でした。

もともと、杵と臼が我が家にある
というところから始まった企画。
お米はお店の提供で、
お客さんに振る舞われます。

つきたてのお餅って、
本当にみんなを笑顔にしますよね。

我が家の長女も車いすで参加したことがありました。
(今年は都合がつかず、私のみ参加)

1017645_542468445849125_13182178_n
我が家の長女、楽しそう!(笑)

他にも時折、地域の特別支援学級に通う子が来たりします。
でも、お店の方もそうですが、
周囲もさり気なく気遣いはあるものの
自然と接しています。

大きなショッピングモールが
ドンドンとできていますが、
こういった街の個人商店が
拠点となって地域の輪は広がっていくんですよね。

障がい者が直面する問題の多くは、
こういった地域での繋がりから
解決の第一歩を始めることが
必要なのかもしれませんね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ