あなたの知らない世界?

コーディネーターの関根です。

JPACの活動をはじめて、
数々の新たな体験をしてきました。

特にカメラマンの世界のこと。
写真撮影というと、
スタジオでフラッシュ炊いてる中で
助手が機械を持って露出を測ってる・・・
なんて光景がベタですよね?
こんなやつ。

41UvYsslpmL._SL500_AA300_

ドリフのコントの影響ですかね?(笑)

これの本物を見た時は「へ〜」と感心してしまいました。
他にもテレビでしか見たことない機材が
カメラマンの荷物からドンドン出てきます。

中でも、撮影会などでも重要だと感じたのがバック紙。
背景になる長いロールの紙です。
こんなやつ。

img79905733
布のタイプと紙のタイプが有るみたいです。

JPACの撮影で使っているのは11mのタイプ。
汚れてしまったり、切れてしまった時には
ロールから伸ばして使います。
色もバリエーション豊富で、
様々な撮影に対応するには、
多くのバック紙が必要になります。

カメラマンは日常的に使ってるので
当たり前でしょうが、
素人の私はこんなもの1つ触るだけでも
ちょっと感心しています。

そして、撮影会に来た方たちも
バック紙が垂れ下がって
スタンドに立てられたストロボなどを見て
「うわ〜!本格的!」なんて声を上げたりします。

プロの機材を使って、
限られたスペースで
出来る限りの最高の撮影環境を作り出す。
そんなことも撮影の楽しみだったりします。

本物の機材を使って行う撮影会。
興味のある方は是非どうぞ。

詳細はこちら

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ