支援者の輪

コーディネーターの関根です。

我が家のお向かいさんは、
一昨年の秋に引っ越してきた
私よりもちょっと年下のご夫婦。
そして、小2を筆頭に5歳、2歳の3人のお子さんがいます。

新築中に工事を見に来ていたところ、
挨拶をすると初対面のはずなのに、
「ゆうりちゃんのお父さんですよね?」
と聞かれてビックリ。

聞けば、長女がお世話になっている
福祉施設の職員さん。
ご主人も看護師さんという
福祉に精通したご夫婦でした。

引っ越してきてからは、
「いっぱい料理作ったから・・・」と言って
お鍋片手に行き来したり、
仕事が遅くなるといえば、
代わりに学童や保育園に迎えに行って、
ご飯を食べさせたりと、
もう何十年も前からのお付き合いのよう。
(長女はお向かいさんの末娘を妹だと思ってるみたい・笑)

私や妻がいなくて、
母が1人で長女を見ているときなど、
ご主人が車いすへの移乗をしに来てくれるなど
大変なこともサラリとやってくれるので、
本当に助かります。

我が家の周辺はあまり出入りがない地域なので、
長年親しくお付き合いしてきた
前の居住者の方が出て行って、
新しい人が来るのって、
正直不安でしたが、
こうして仲良く付き合える
お向かいさんに巡り会えたのは
やっぱり、長女の徳なのかな?

これからの人生、
いつかは親が先に旅立ちます。
残された時に、安心して託せるような
信頼できる支援者の輪を
作ってあげるのが親の使命なのかも知れませんね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ