それは突然にやってきた。

コーディネーターの関根です。

世に言う「障がい者」に対して、
差し迫った障がいがない人を「健常者」
と呼びます。
そういう意味では私は「健常者」なんだと思います。

ところが、昨日高速道路を走っていた辺りから
左耳がゴワゴワ言いだして、
最初は「気圧の変化かな?」と
気にも止めなかったんですが、
家に着いたら、低い音の耳鳴りがし始め、
眠るまで続きました。

朝起きて、耳鳴りは止んだのですが、
ゴワゴワは収まらないので、
念の為に耳鼻科を受診しました。

結果は「突発性難聴」

症状は軽い方だということで、
とりあえず薬を飲んで
明後日まで薬を飲んで様子を見ることに。

20140227-185131.jpg
散々苦いと脅された薬、意外と大丈夫(^^)

前に肉離れをやった時にも書いたんですが
健常だと思っていても、
いつかは年をとって、
様々な支援が必要になるし、
いつ、事故にあって不自由になるか、
病気で機能が低下するかわかりません。

障がい者のためと思っていることでも、
めぐり巡って自分たちのため。
社会全体で住み良い環境づくりを
していきたいものですね。

・・・と、改めてそんなことを教えてくれた
今回の一件でした。
とりあえず、このまま
何も無ければいいのですが・・・(^_^;)



タグ

2014年2月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:障がい

このページの先頭へ